税理士って年度末だけお世話になるもんじゃないの?

最近、趣味と言ってはなんだけど通っているあるボランティア団体があります。
そこで知り合った人ととても仲が良くなり、最近は食事に行ったりするんです。
その人は、イベント企画やメディア制作なんかの会社で経理をしているんだって。
経理なんて大変だね、って言うと、でも顧問税理士の人がいるから自分はただの会計係みたいなもんだって言ってました。
税理士さんって、年度末の申告の時だけお世話になるもんじゃないの?
顧問弁護士なら聞いたことあるけど、顧問税理士なんて初めて聞きました。

でも、顧問税理士にお願いすることで、会社で税務のスペシャリストを雇わなくても済むから結局コストが削減できるそうです。
申告だけじゃなくて、経営の相談や節税対策なども提案してもらえるんで助かるんだって。
うちの会社、めちゃくちゃ小さいんだけど、社長の奥さんが専務兼経理やってるんですよね。
一生懸命簿記の勉強したけどわからなくて、会計ソフトに頼ってもあんまり使いこなせなくて。
うちも顧問税理士付けたらいいんじゃないかな?
専務に払うお給料より安くつくと思うけど…