相続税基礎控除ってなに?

相続税と聞くと、かなり高額になる税金というイメージがあるかもしれませんね。
確かに、相続税の最高税率は55%になるので、資産を相続すると、ほとんどのお金を国に持っていかれてしまうと思われるかもしれませんね。
確かに最高税率を見ると、なんだか相続したくなくなってしまうかもしれませんね。
単純に税率だけをみるなら、相続する資産が1億あったとしても、5,500万円は税金として国に取られてしまうと思いますよね。
すると残りは4,500万円であるため、なんだか不合理な気持ちになってしまいます。
では相続税は、いつもこうした最高税率がかけられるのでしょうか?
実はよく調べてみると、相続税にも、基礎控除というものが設定されているようです。
基礎控除というと、確定申告の時に、所得から控除できる金額があるということです。
例えば、配偶者控除や医療費の控除などがあります。
同じように相続税にも基礎控除があり、法定相続人が1人の場合は基礎控除が3,600万円、法定相続人が2人の場合は基礎控除が4,200万円と法律で決まっています。
そのため、自分だけが遺産を相続する状態であれば、3,600万円までの遺産であれば、相続税の支払は必要ありません。