繁盛する歯科と患者のいない歯科の違いかぁ…

うちの町には結構歯科があります。
私や家族が通っている歯科はすごく繁盛してて、いや、病院が繁盛って言い方は変かな?
でもすごく流行ってるから予約がなかなか取れません。

こないだ、虫歯がかなり切羽詰まるくらい痛かったんだけど、いつも歯科では予約が二週間先だったんです。
だから、うちからもっと近いところにあまり流行っていない歯科があるんだけどそこに初めて行ってみました。
患者があまりいないってことはヘタなのかもしれないなぁってドキドキしたんだけど…

だけど、実際の治療は別に痛くなかったんです。
感じもそんな悪いわけじゃないし、いつも通ってるとことそこまでの違いはないような気がしました。
この繁盛する歯科と患者のいない歯科の違いってなんなんだろう?

主人にそのことを話してみたら、歯科って言っても経営するって点では会社経営と同じだから戦略が必要なんだよって言ってました。
主人の同窓生で歯科を経営してる人がいるそうですが、最初は全然流行らなかったそうです。
でも、歯科経営のノウハウを学べるところがあったそうで、そこを利用してから人気の歯科になったそうなんです。
病院って腕がよければ勝手に人が集まるわけじゃないんですね~。

恋愛心理学でちょっとしたテクニックを身につけられる?!

心理学は大きな学問のひとくくりで、日常生活のいろんなところで心理学の考え方?が役に立っているそうです。
よく言われているのが「深層心理」で深層心理を読み取れれば、相手の考えていることや本心がわかる(かもしれない)と身近な心理学になっています。
特に恋愛関係に深層心理が役立つこともあり、相手に好印象を与えたり、好意を持ってもらうためのテクニック的に知識を身につけるのもアリですね。
もちろんテクニック的なことだけに重きを置くのは恋愛において正解かどうかはわかりませんが、「相手に脈があるかどうかわからない」「あともうちょっとで上手く行きそう」くらいのシーンには深層心理学的なテクニックは役立ちそうです。
でも深層心理を読み取るのも何だかんだ難しそうですよね。
テレビでおなじみのメンタリストDaiGoさんとかレベルならちょっと怖いくらいに読み取ることができそうですが(笑)
恋愛心理学を紹介している本やネットの情報なども結構面白いものがたくさんあります。
それだけを鵜呑みにして実行するのはちょっとキケンかもしれませんが(笑)、ちょっとかじってみるのも楽しいかもしれませんね。

初めて知ったmeeatsのサイト

学校の帰りに友達と一緒に帰っていると、久しぶりにうちによる?という話になり、お邪魔することになった。
友達は、彼氏ができてから、なかなか遊べなくなったので、遊べるときは、ショッピングをしたりカフェにいったりしていた。
今日は、久しぶりにおうちにお邪魔しておしゃべりをすることに。
最近のことや、服のことや化粧品のことなどを話していると、そういえばmeeatsって知ってる?このサイトなんだけどといって、みせてくれた。
なにこの動画!お腹すくじゃん!といいながら、みた。
初めて知ったmeeatsのサイトの虜になりそうだった。
友達は、彼氏とごはんにいくときは、これをみていっているらしい。
これだと、なにが食べたいかもお店の雰囲気もよくわかるから、便利だよといっていた。
確かにそうだなと思った。
彼氏とデートでこんなお店いってみたいなと話しながら、meeatsをみた。
こんなサイトあったなんて知らなかったから、これからは活用したいと思った。
みんなでごはんにいくときは、meeatsで探してみようと思った。
再来週にある集まりもmeeatsで選ぶことにした。

手稲にある歯科へいく

親戚の家にいくことになり、急遽だったので、急いで用意をした。
家からだと1時間ぐらいかかるので、とりあえず急ぐことにした。
甥っ子と姪っ子も一緒にいくので、ひらいにいくと、リュックをもって準備万端で待ってくれていた。
そして、親戚の家に向かっている途中で、甥っ子が歯が痛いといい始めた。
最初は、あまり信じていなかったのだが、どうも本当みたいで、どうしようかという話になった。
親戚の家までは、あと少しなので、とりあえずそっちまでいって、手稲にある歯科を探すことにした。
そして、親戚の家につき、近くにある手稲の歯科を教えてもらった。
すぐに連れていき、診てもらうと、虫歯ができていた。
小さい虫歯だが、深いみたいで、すぐに治療をしてもらった。
そりゃ痛いはずだと思いながら、しばらく待った。
そして、無事に治療も終わり、親戚の家に戻った。
とりあえず、お姉ちゃんに歯科にいったことを報告すると、今からそっちにいく!といっていたが、妊娠しているし、断って、夜には帰ることにした。
親戚もみんなの顔がみえて、喜んでいる様子だった。
なんだか、1日があっという間だった。

もしかしたらホワイトニングやってるのかも?

他人の子どもって知らない間に成長してるんで驚きます。
こないだ出かけようとして車を出そうとしたところ、見慣れないブルーの車がやってきたんで停まってたんです。
通り際にこちらを向いて軽く会釈した運転手、ご近所の娘さんでした。

この前まで中学生くらいじゃなかった?と思ってたのに、もう車の運転してるの?って驚いちゃって!
その家の奥さん、前はよく行き来してましたが最近は会ってなかったんで久々に訪ねていきました。
田舎から送られてきた柿を持っていったら喜んでくれましたね。

ちょうど娘さんもいて挨拶してくれたんだけど、随分綺麗になっていました。
確か前は歯の色の悪さがちょっと気になったんだけど、今は全く気にならずむしろ綺麗な白い歯です。
もしかしたらホワイトニングやってるのかも?
近所に歯のホワイトニングが評判の歯医者があるし、そこでやったのかな?

もしそうだったら大した効果です。
うちの主人、タバコ吸ってるせいか歯がかなり汚いんでやらせようかしら?
でもオジサンが歯のホワイトニングやるなんてちょっと笑っちゃいますね(笑)

いい歯科医院を選ぶ時に、チェックすること

子供はもちろん大人でも歯医者さんが怖い人が多いです。
私もあの独特なウィーンと言うドリルの音が怖いです。
中にはドリルを見ただけで、震えたり、気を失いかけてしまうような人もいるそうです。
そのような人は、麻酔の痛みに配慮するように治療法の前に安心させてあげることが大切です。
笑気吸入鎮静法と言う恐怖心を取り除いてくれる方法があります。
笑気を吸うことでリラックスでき、不安を感じにくくなります。
また、このような痛みに配慮してくれる歯科医院の先生は、患者の痛みを理解してくれる先生なので、いい先生です。
その他の選び方としては、高機能の設備の有無と衛生管理がきちんとされているかどうかです。
最新のCTや深い虫歯の治療の際の根管治療では、肉眼で見えるのには限界があり、今まで歯科医師の感覚で治療していたのが、細かい所まで見える拡大鏡などがあれば、感覚だけでなく、実際に見ながら治療できるので、治療の精密さが数段上がります。
また、細菌対策をきちんとしている歯科医院は信用できます。
いい歯科医院を選ぶ際には、これらをチェックしておくと良さそうですね。

ネット販売ってなんか買っちゃうんだよね~

最近すごくお気に入りのネットショップがあって、服屋なんだけど超私好みの服ばかり売ってるんです。
私は結構ぽっちゃりなんで服を買う時は3Lとか選ぶんだけど、ショップによっては3Lとか取り扱ってないとこ多いんですよね。
でも、そこのショップは大きめのサイズまであって(5Lまで!)しかもLでも服によっては私も着れるようなゆったり仕様のものが多いんです。
価格も手ごろなんで度々除きに行ってはポチッと買ってしまうんです(笑)

ネットって本当についつい買いすぎてしまうからヤバいなぁと思うけど、でも良い商品を手ごろな価格で買えたらやっぱり嬉しいです。
ネット販売のってついに買っちゃうよね~って友達と話してたら、その子の彼氏が最近ネットビジネスやろうとしてるんだって教えてくれました。

今は普通に会社員なんだけど、思いきって脱サラして~って考えてるみたい。
通販ビジネスのコンサルティングしてる会社のセミナーとかそういうのに参加したりして勉強してるんだって。
魅力的な通販サイトってのはやっぱり商品を売る力と言うか戦略があって、私なんかはそれに見事に乗せられてる消費者なんだろうなぁ。
でも、ネット販売で成功したら利益大きいっていうし頑張ってほしいですね!

究極のジャケパンを提供するダンコレ

普段なかなか自分に合う服を探すのが難しいと感じている男性の方に朗報です。

ダンコレという人と同じであることを許されない男たちのためのメンズサロンが心斎橋にオープンしています。

スーツスタイルと違いジャケパンスタイルではその人の個性をより出せるのですが、似合っている色や柄を見つけるのは簡単ではありません。

しかしダンコレではその人にベストな柄や色を合わせてオーダーメイドで仕上げてくれるのです。

既製品ではないオーダーメイドの良さを味わっていただきたいとの思いの元、最高の夜景を見られる環境での仕立てを行う事ができるのです。

もちろんスーツスタイルも取り扱っていて、すべてダンコレ式のオーダーシステムを使っています。

価格は生地の品質に合わせて3段階のみを設定しているので、価格もはっきりと分かりやすいものです。

仕立ては日本国内で行っていますし、オプションや直しもすべて価格に含まれています。

オーダーメイドでありがちな不明瞭な価格を排除して、分かりやすいオーダーメイドを提供しています。

簡単にかっこよくなるためにダンコレのジャケパンスタイルはお勧めです。

八幡西区の歯科で大丈夫だったから気にしないで

友達の家に遊びにいったときのこと。
小さい子どもがいる友達で、久しぶりに一緒に遊んでいると、テンションが上がった子どもたち。
振り回したおもちゃが私の口元にあたり、まさかの前歯が欠けてしまった。
友達は謝り続けていたけど、欠けた歯をもっていけば大丈夫、となぜか冷静な自分がいた。
友達が住んでいる八幡西区の歯科を調べて、すぐにもっていった。
すると、くっつけてくれたのだ。
くっついた歯をみて、子どもたちに怪我がなくてよかったと思った。
私の歯がもし子どもたちに刺さっていたら、と思うと、汗がでてきた。
歯科の帰りに、再び友達の家へ。
すると、お詫びにと晩御飯を用意してくれたのだ。
なんだか却って迷惑をかけた感じになってしまった。
友達の旦那さんも帰ってきて、謝り続けていた。
歯が欠けたことにあまりなにも感じていなかったのは、くっついた歯に違和感がなかったからなのか。見た目はわからなかったので、「気にしなくていいよ」っていったのだが、唇が腫れていたので、それが原因かもしれない。
子どものしたことだから、本当に気にしないでほしいなと思った。

私が看護師になった理由

私は看護師の免許を持っています。
看護学校の時に訪問看護の授業があり、実際に訪問看護をしている看護師の方と患者さんの自宅を訪れたことがあります。
卒業してからは、県立総合病院へ就職しました。
子供を授かり、辞めましたが、子供が少し大きくなったので、また働こうと思います。
総合病院では、患者さんが日に日に変わり、信頼関係を気づけないまま退院されていくことが多いのですが、学生時代に行った訪問看護では1人の患者さんと直接向き合え看護ができ、自分はこのような環境で看護業務をしたいと思っていました。
訪問看護とは、病気や障害をかかえた人が自宅で療養し、必要な看護ケアを看護師が訪問して援助することをいいます。
入浴介助や血圧測定、褥瘡防止などさまざまなケアがあります。
訪問看護は、障害をかかえている方だけでなく、その人を支えている家族の心や体のケアも必要です。
長い期間、看護も続けていくので、信頼関係が大切になってきます。
私はこのような心に寄り添える看護師になりたいと思ったので、訪問看護の勉強をして、社会復帰したいと思います。